大阪でボトックス注射を受けて小顔になりました

学生時代の頃から顔が大きいのではないかと悩む

顔が他人より大きいかも、と感じるようになったのは学生時代のころです。
その頃の有名な芸能人といえば誰も彼もが小顔で全身がスリムな印象の人ばかり、テレビに登場する芸能人もファッション誌の写真の被写体のモデルも顔が小さい人ばかりです。
もっとも友人の顔のパーツを計測して数字にして比較するわけでもないので、客観的に自分の顔のサイズが大きいのかどうかなんていうのはわからないのは事実です。
しかし鏡と毎朝向き合っていると、わずかの変化でも気になるもので大きいとの印象が心に芽生えてしまうとそれを払拭するのは、並大抵のことではありません。
だからと言って学生の身分ではどうしょうもないので、悶々とした悩みをかかえながらの日々が続きました。
その過程でも顔のサイズを小さくする方法なんかを色々調べてみましたが、結局美容クリニックに通うことに行き着きました。
美容クリニックや美容整形の内容や体験談などを調べているうちに明らかになったのは、顔のサイズを小さくする整形手術と言うのはお金も時間もかかり、身体への負担も相当大きいと言うものでした。
体験談や口コミを見てみると、骨をけずったり、顎の骨の位置をずらした上に歯列矯正などを追加するといった内容で、とても自分では無理との印象を抱きました。

学生時代の頃から顔が大きいのではないかと悩む | ボトックス注射を知りクリニックに行くことに | 小顔キープのため定期的に通うが満足